上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

<パワーストーンブレスが切れるのは何故?>

色んなゆわれがあります。



◆願い事が叶う前兆、または叶った直後にブレスが切れる。

◆持ち主の厄を吸い取りその厄の重みでブレスが切れる。
大難を小難に小難を無難にしてくれたり、持ち主が受けるはずの災難をパワーストが身代わりになって受けてくれたりということが考えられます。

◆縁が切れる前兆または切れた直後にブレスが切れる。
大切な人が亡くなったり、「悪縁が切れる」前触れということもあるようです。

◆ブレスが切れたということは、持ち主とブレスの縁が終ったと考えていいでしょう。
「ありがとう」と、感謝の言葉をかけて廃棄するか、浄化をしてから同じブレスレットかピアス・ネックレスなどの天然石アクセサリーとして再生させてあげるのも一つの手です。


基本的に私がよく言ってるのは
「良いほうにとらえて、良いことだけ信じよう」
ということ。

「自分の身代わりに災いを受けてくれた」
「悪縁を断ち切れた」
など、良いほうに捕らえてポジティブになることも、開運には重要!


IMG_3880.jpg



<パワーストーンブレスは右手、左手、どっちにつけたほうが良いの?>

色々と意味があります。
基本は利き腕の反対など、ご自身がはめていて違和感を感じないほうでOKです。

●右説(右手の持つ意味・右手にはめるとよい理由、ケース)
◇(エネルギーの)放出
◇顕在意識
◇現実を創造する、行動する、実力発揮
◇左脳につながるので、現実的な方面を担当
◇金運、仕事運、プレゼン、告白、試験、実らせたい具体的な恋愛
◇現実的な変化を望むとき
◇自らの力を相手に伝えたいとき、石の力を外へ発したいとき
◇石のパワーを発揮させるために個性的な石を右手に
◇1種類ブレスあるいは一種類の石のパワーをメインにしたブレス
◇タイガーアイのブレスは右
※普段は左でここぞと言うときは右にという説もあり

●左説(左手の持つ意味・左手にはめるとよい理由、ケース)
◇(エネルギーの)吸収
◇潜在意識
◇インスピレーションを得る。 内面的な援護が欲しい
◇右脳につながるので、精神的な方面を担当
◇恋愛運、健康運、対人関係、お守り 自信を持ちたい、心豊かな生活
◇メンタル(精神的)な変化を望むとき
◇石の力に護って欲しいとき、石の力を内に取り込みたいとき
◇霊的な影響を防ぐために左手に水晶やムーンストーン
◇複数の石を組み合わせたブレス
◇石を組み合わせて複合的なパワーを意図したブレス
◇水晶や全体運のブレス

スポンサーサイト

| パワーストーンブレスレット

«  | ホーム |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。